Arduinoの+5V電源は要注意!

Arduinoの+5V電源は要注意!

最近、Arduinoをいじる機会が増えている。
時々、あれれ?と思う所があったので、書きたいと思う。

Arduinoはシールドと呼ばれる基板を亀のように重ねることにより、拡張できるが、回路によっては、これがくせ者となる。

知る限りArduinoの外部電源端子には、レギュレータICが接続されている。
ということは、レギュレータICの性能を越える電流は流せないというわけ。
当たり前なのだけれど。

おいらはArduinoの回路図をろくすっぽ見なかったので、回路が誤動作するまでこのことに気が付かなかったのだ。
多少電流を流す向きであれば、USB端子から+5V供給するか、外部で+5V作り、Arduinoの+5V端子に直接電圧を供給するのがいいように思う(5Vよりも若干低くしないと嵌ってしまうのでご注意を)。

Arduinoでシールドを使う時は、電流にも気を付けてね…という所で。