Free WiFiをゲストコードで使う(wi2)

Free WiFiをゲストコードで使う(wi2)

最近、あちらこちらでFree WiFiが急激に増えてきたように思う。
一部のコンビニですら、無料でWiFiが使えるのだから、移動さえしなければ、携帯回線でなくても不自由はしないかも。
その場所にいれば、メールやWebブラウジングだけでなく、動画の視聴やIP電話もできるかも知れないのだ。

一部の電車やバスだってFree WiFiが利用できる時代だ。ド田舎はともかく、都市部では、携帯並みに回線網が張り巡らされ、MVNOすらいらなくなる時代が来るかも知れない。
電話もIP電話が主流になったりして…。

まぁ、未来の想像はこの辺にして、一部のショップなどでwi2の回線網でゲストコードを用いた無料WiFiの提供を始めている。
情報は、ショップのリーフレットやサイトを調べていただければ分かると思うが、現時点で分かっているショップを紹介したい。サイトが紹介されていない情報は、リーフレットを参考にした。

●ドトール:言わずと知れたコーヒーショップ。使用前にdcs@forguest.wi2.ne.jpへメールし、ゲストコードを取得する。SSIDがwi2premiumのAPに接続し、ゲストコードを入力。現時点では、3時間無料だ。同じグループの、エクセルシオールにもAPがある。

●ルノアール:こちらは、落ち着いた雰囲気のコーヒーショップ。使用前にren@forguest.wi2.ne.jpへメールし、ゲストコードを取得する。SSIDがRenoir_Miyama_Wi-FiのAPに接続し、ゲストコードを入力。現時点では、3時間無料だ。

●JRA:一部の競馬場・ウインズで使用可能。jracode@forguest.wi2.ne.jpへメールし、ゲストコードを取得する。SSIDがwi2premiumのAPに接続し、ゲストコードを入力。

●西新宿界隈:新宿アイランドタワー、新宿野村ビル、損害保険ジャパン本社ビル、新宿住友ビル、新宿三井ビル、新宿センタービル、工学院大学の共有部や公開空地・道路空間・駐車場(新宿アイランドタワーを除く)で使用可能。Nishishinjuku-j@forguest.wi2.ne.jpへメールし、ゲストコードを取得する。SSIDがwi2premiumのAPに接続し、ゲストコードを入力。

●トヨタ:ディーラーの全てかどうかは定かではないが、tcode@forguest.wi2.ne.jpへメールし、ゲストコードを取得する。SSIDがwi2のAPに接続し、ゲストコードを入力。

●JR西日本:JR西日本管轄のwi2のAPが設置してある駅や車両内で使用可能とのこと。jrw@forguest.wi2.ne.jpへメールし、ゲストコードを取得する。SSIDがJR-WEST_FREE_Wi-FiのAPに接続し、ゲストコードを入力。

●くずはモール:大阪にあるショッピングモールであるくずはモール。kzh@forguest.wi2.ne.jpへメールし、ゲストコードを取得する。SSIDがKUZUHA-MALL-WifiのAPに接続し、ゲストコードを入力。

●京都市内:京都市内の約630箇所(に設置予定)のAPにて使用可能。kyoto@forguest.wi2.ne.jp (地下鉄・バス停・セブンイレブン)又はguest@inf-kyoto-city.info(公共施設)へメールし、ゲストコードを取得する。SSIDがKYOTO_Wi-Fi01 (地下鉄・バス停・セブンイレブン) または、 KYOTO_Wi-Fi02(公共施設)のAPに接続し、ゲストコードを入力。

●キャナルシティ博多:福岡・博多にあるイベント会場。03H-canalcity-J@forguest.wi2.ne.jpへメールし、ゲストコードを取得する。SSIDがwi2のAPに接続し、ゲストコードを入力。イーストビルのみwi2のAPのようである(キャナルシティ博多のサイトより)。 利用規約等に同意するのだけで簡単に使用できる、CANAL_CITYというAPもあり。

●佐渡汽船:佐渡汽船(新潟)の船内で使用可能。03H-wifisquare-J@forguest.wi2.ne.jpへメールし、ゲストコードを取得する。SSIDがTokiwaMaru(ときわ丸)、またはWifi_Square(おけさ丸、こがね丸、ジェットフォイル各船)のAPに接続し、ゲストコードを入力。ゲストコードは、メール以外に、ターミナル総合案内所またはカーフェリー船内案内所で申し込み可能。3時間使用できる。

●東急電鉄:東急電鉄の社内で使用可能とのこと。twt@forguest.wi2.ne.jpへメールし、ゲストコードを取得する。SSIDがTokyu_Wi-Fi_TrainのAPに接続し、ゲストコードを入力。こちらを参照。

…などなど他にもあるようだ。

便利なサービスではあるが、残念なのは、ゲストコードを得るために、メールを送らなければならない点。佐渡汽船以外は、APを使用する直前にどこかの回線でメールを送り、ゲストコードを入手しておく必要がある。
厄介なことに、ゲストコードはコロコロ変わるのだ。メールだけは、ゲストコードがなくても使えるのかな?後日試してみる予定。
アンチウイルスソフトなどは端末に入れておくのも忘れずに!

2016.12.19追記:やはりゲストコードを得るために、何らかの回線からメールを送る必要があるのが判明(当たり前か)。ガラケーでも、スマホでもゲストコードが受け取れるメールアドレスさえ持って入ればいい。スマホでデータ通信料の多い人や使い放題の人は、余程のことがなければ、必要ないけれど、データ通信料の少ない人ならWiFiも使うことでかなりの節約になるね。