子供向け万年筆KAKUNOは子供だけに使わせておくのは惜しい…

子供向け万年筆KAKUNOは子供だけに使わせておくのは惜しい…

部屋を整理していて、以前展示会でもらった結構高級な万年筆が見つかったので、100均ショップのインクを買って入れてみた。
どうもイマイチだ。
これなら、愛用しているゲルインキのボールペンの方が断然いい。

で、偶々、ホームセンターの文具コーナーを見ていたら、1000円以下の万年筆があるのに気付いた。

この通り、見た目は、かなり安っぽい。

が、しかし、持ってみると、実に持ちやすいし、すらすらと書きやすいのだ。
IMG_20170115_183903

持ちやすいのは、六角形になっているからなのだけれど、万年筆を持つ所は、正六角形ではなく、六角形をちょっと変形させた物になっている。
おいらは、ペンを握ると、力が入ってしまう癖があるのだが、KAKUNOは軽く握るだけでいい。
しかも、にこちゃんマーク(?)が愛くるしいではないか。
IMG_20170115_185800
こちらのサイトによれば、3000円の万年筆でも使われている品質の良いペン先なんだそうな。

残念なのは、ワイシャツのポケットに引っ掛けるクリップがないことかな。まぁ、それは、マイナス点にはならないだろうけど。

あと、カートリッジインキを装着しても、中々インキが出てくれなかったのは、ちょっぴりマイナスかな。小学生でも読める、取説に「インキが出ない時はカートリッジを指ではさんで、軽く押してね」とあるが、軽く押しただけでは出なかった。
少々強めに押した所、インキが出るには出たのだが、ビュッと飛び出したではないか。
この「軽く」の力加減が難しいような。大事な書類の上で、インキを押すのはやらないのが正解。
コンバータなる物を付けると、ペン先からインキを注入できるようだ。そうすれば、こんなトラブルに見舞われないのは、間違いない。

取説には、CON-20/CON-50というのがあると書いているのだが、生産中止になったようで、CON-40が後継の物とのこと。
インキがなくなったら、考えてみよう。

安物にしては、書き味もいいし、上出来ではないか。
ペン先が細字・中字の2種類で、カラーが10色あるようだ。