ベランダ台ストッカーを設置してみた

NO IMAGE

部屋が片付かず、差支えのない物を庭に置いておこうと、ベランダ台ストッカーというものを検討していた。
うちは、ただでさえ庭が狭いので、コンパクトに収まる物をと色々眺めていたが、結構高価な物だ。
小さめの倉庫(と言っても、うちに入れるには大きすぎる)なんて、10000円もしないではないか。

自分でDIYするかとか、色々悶々としていた何か月。ついに、機は熟した。

お手頃価格のベランダ台ストッカーを見つけたのだ。グリーンライフのベランダ台ストッカーLタイプなるものだ。
スケスケなので、中身が丸見えということや40kgまでの物しか収納できない(底がメッシュ状になっているので、当然)という欠点はあるものの、エポキシ樹脂コーティングされていて、お洒落ではないか。
中身が丸見えなのは、プラダンを切って入れれば没問題。

組み立ては、結構コツがいるものの、慣れてしまえば、30分も掛からないで完成してしまう。
上枠と下枠の形状が似ているので、注意が必要。
立てながら組み立てると組み立てやすいかも。また、補強の棒は、取説によれば、形ができてから、付けるようになっているが、底パネルを嵌める前に付けておくといい。

IMG_20170128_121112
おいらの購入したのは、横90センチサイズだけれど、横120センチサイズというものもある。少々お高くなるが、今の時点ではコイツが格安。
←120cmのもの。17,723円@amazon