センサー付きLED電球は、ちょっと使いづらいかも

センサー付きLED電球は、ちょっと使いづらいかも

最近バックグラウンド(私事)で色々やっていて、その一環で家のあちこちにセンサー付きスイッチを工事していたりする。

↑こんなやつ(電気工事士の資格がないと交換できないもの)

場所によっては、スイッチを変えても微妙な箇所もあり、以前から気になっていた人感センサー付きLED電球を試してみた。

トイレなどは、やはり天井にセンサーが付いていると、動作がいい感じだものね。(;^o^A

早速付けてみたけれど、夜中はすこぶる良好なのに、朝になってから(明るくなると)全く点かなくなるのだ。スイッチを入り切りしてもだ。

電球の近くに手をかざすと、一応光るのだが、これにもコツが要る。電球を手で覆うようにしながら、手を近づけるのだ。
そうしないと、全く反応しない。
電球を一旦外して付け替えても点くのだが、これって…。

ネットで色々調べると、どうやら、そういう仕様なのだとか。
明るくなったら光らなくていいというのも分からなくもないが、スイッチを入り切りしたら、せめて点いてほしいよな。壊れたかと思ってしまう。

薄暗い時には、点く場合と点かない場合があるもの。
返品が続出しているのではないかと思う今日この頃。

某ホームセンターで1000円以下で自社ブランドのセンサー付きLED電球が売っているケースがあるけれど、アイリスオーヤマのOEMらしい。1000円前後ならお試しでもOKかな。