seeeduinoで面白いガジェットが作れそう

seeeduinoで面白いガジェットが作れそう

流行には疎いおいら。たまたまネットで見ていると、seeeduino xiaoなるデバイスが登場していたので、買ってみた。


小さいので、どうせ大したことはできないだろう…と侮るなかれ。
デジタル(アナログ)ポートが11。UART・SPI・I2Cも付いていて、ちょっとしたロガーならコイツでサクッと作れてしまう。
通信用に2ピン占有されてしまうので、使えるのは9ピン。
PICなどでも8ピンでこういう用途のものがあるけれど、あちらはVDD・GNDの端子は使えないし、通信用の端子を使うと、使えるピンは限られてしまうので、PICだと14ピン位のものになってしまう。

そういったことを考えると、14ピンPICの面実装タイプなら同じでは?という人もいるかも知れないけれど、seeeduino xiaoのような大きさのモジュールがないみたい。
そう考えると、seeeduino xiaoの方がアドバンテージが高いかも。

楽天では送料別ではあるけれど、1000円以下で買えてしまう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Seeeduino XIAO Arduinoマイクロコントローラ – SAMD21 Cortex M0+
価格:685円(税込、送料別) (2021/1/31時点)

Amazonだと3個売りしているので、お得かも。