10000万円台の3Dプリンターを買ってみた-その1

10000万円台の3Dプリンターを買ってみた-その1

以前、ディアゴスティーニの組み立てる3Dプリンターを組み立てたのだけれど、印刷する度にフィラメントがだだ漏れして、満足に印刷できなかったのだ。

それは組み立てが悪かったようなのだけれど、何回か同じようなパーツを購入してみたけれど、どうもフィラメントが漏れてしまい「一体何なんだ!?」と半分キレかかり、放置していた。

何年か経ち、会社で3万円台の3Dプリンターが何台か導入されたけれど、よくよく見たら、ちゃんと印刷できるではないか。

3万円なら頑張れば入手できるが、失敗したらやだよな…などと思っていたら、冗談みたいな3Dプリンターが出てきた。

何と1万円台のもの。

よくよく探してみれば、10000円を切るものもあるではないか。

一体これは何なのだ!?

お試しで、10000円ちょいの3Dプリンターを購入。これでダメなら、諦めがつくもんね。(^o^)

んで、買ってみたら…

流石に、おもちゃっぽさは否めなかった。

3Dプリンター 価格 データ

おもちゃっぽいが、それなりに付属品があり、PLAも10mおまけについていた。買ったら、お試しできるってヤツね。結構親切かも。

何やら、ロケットの印刷見本が入っていたが、どうやら試験でちゃんとこのプリンターで印刷しましたよという意味合いのようだ。紫のフィラメントを使っており、その残りがノズルに付いていた。

ある意味、これはこれで説得力はあるが、説明がないので、人によっては、「何これ?」と思う人がいるだろうし。

3Dプリンター 価格 データ
ここにフィラメントをぶら下げるものを付けて、増し締めするらしい。この辺の説明がないから、ねじを外してしまったよ。オイオイ。
3Dプリンター 価格 データ
おもちゃっぽいけれど、意外や意外。作りは、おもちゃっぽいなりにしっかりしている。もしかして使い物になるか??