マランツM-CR612を買ってみた

マランツM-CR612を買ってみた

マランツM-CR612なるミニコンポを購入(衝動買いと人は言う)したので、ちょっぴり素人レビューしてみたいと思う。

高級感はないけれど、安っぽくもない

本当は、シルバーゴールドが欲しかったけれど、入手難だったため、黒を購入。
購入前に他社の物も確認しているが、M-CR612の価格帯からして、高級感を求めるのは無理があるよう(定価は7万円台で、実売が5~6万円台)。
とは言え、滅茶苦茶安っぽく見えるわけでもないので、スタイルは、よい落としどころではないかと(汚れた場合、ゴシゴシできないので、注意が必要)。

前面ディスプレイ横にバーになっているカラーLEDが付いており、よい雰囲気を醸し出してくれる。デフォルトは白で、好みにより、青、緑、橙などに変えることができる。お気には、青だったりする。

Bluetoothの音は割とできがよい

今回、M-CR612を購入したのは、他でもない。Bluetoothの音が意外とよかったのだ。色々な家電量販店に出かけては、聞き比べをして、「あーでもない。こーでもない」と悶々としていた。

他の機種と聞き比べして、10万円を超えるものは、やはりBluetoothの音がよいのだけれど、それよりも値段が落ちるM-CR612も比較的よかったのだ(これは、個人的な感覚ね)。今回購入したのは、それが決め手だったわけで(Bluetoothである程度よければ、他の機能も手抜きはしていないだろうと思った)。

コーデックには、高圧縮で遅延があると言われるSBCを使っているが、apt-x・apt-xHDを使っているものよりも、聞いていて感じがよかった。
とはいえ、購入後、静かな部屋で聞いていると、やはり音が気になるケースがあった(家電量販店の煩い状況では、それがあっても、分かりにくいからね)。
普段は、apt-xのイヤホンを使っているが、それではあまり気にならない圧縮による「シュワッ」という嫌な感じ。
曲(複数の楽器が混ざった時の音)によっては、どうしてもその「シュワッ」が出てしまうのだ。

圧縮のチェックは難しいようだけれど、遅延云々は、こちらのYouTube動画(Sound Houseという販売店)でチェックできる。

Bluetoothよりも本体のネットワーク機能が優れている

後述するHEOSアプリを使うと、amazon Musicだけでなく、Spotify、AWAなどなどが聞けてしまう。実際、amazon music(Unlimited)で曲を聞くと、SBCではなく、AACになっていた。HEOSアプリを操作して聞く場合は、スマホをBluetoothで繋いで聞くのではなく、本体が直接ネットワークレシーバーとなって聞けるようだ。
スマホは、HEOSアプリの際、あくまでリモコンの役目のようだ。
そのため、Bluetoothで「シュワッ」っていた音が殆ど気にならなかった。購入の際、本体のネットワーク機能に全く重きを置いていなかったが、気軽に聞く場合は、Bluetoothではなく、HEOSアプリ経由で聞く方がよいみたい。(^o^;
ネットワーク対応の機器でよかったな…と思った次第。

amazon Music HDにも対応しているようなので、契約したら楽しみ。とは言え、聞きたい曲が、HD対応していなければ意味がなく。
AACで聞けるunlimitedやプライム会員の特典であるPrimeでも人によってはよいかと思う。

HEOSアプリは少々難ありかも

某価格比較サイトによれば、HEOSアプリなるものの使い勝手が悪すぎると酷評している人がいた。
果たしてそうなのだろうか。
amazon Musicで実際に使ってみた感じをレビューする(他は無料会員であるため、あまりメリットがないから)。

HEOSアプリは、どうもスマホをリモコン代わりにするもののよう。
通常のリモコンとの違いは、リモコンで操作できる基本設定が変更できないことと何よりもリモコンではできないamazon musicやSpotifyなどを聞くことができるようになること。
本体操作は元より、リモコンを使っても、amazon musicやSpotifyなどを聞くことができないのだ。本体操作やリモコンでは操作性が悪いので、amazon musicやSpotifyを操作できなくしているのは、ある意味仕方がないかも。

よい面もあるが、当然悪い面もある。
アルバムになっている曲を再生している時、キューがamazon側及びHEOSアプリに保存されないので、あれこれ操作していると、アルバムの一覧が消えてしまうのだ。
そうなると、また検索をかけて呼び出すしか方法はない(SpotifyやAWAなどなどはどのようになっているかテストしていないけれど)。

また、本体ディスプレイが「amazon music~」となっている状態で、付属リモコンのBACKキーを操作すると、HEOSアプリで操作する前の状態の表示になってしまい、「amazon music~」と出すことができなくなるのだ。そうなると、またamazon musicを呼び出しする必要が出てくる。

アプリの詰めが甘かったか。アプリは、勝手にメーカー(マランツ)がやっているので…というスタンスのようだが、もう少しよいものにしてほしかった。
HEOSアプリを操作すると聞けるようになるサブスクは、Spotify、amazon music、AWA、TUNEIN、SOUNDCLOUDだけなので、人によっては、他のサブスクにも対応してくれると嬉しいかも。

また、音量調整が、リモコンでは1ずつ増えるのが、スマホからでは2ずつ増える。機種による操作性を考慮したのか?もう少し、変化量を細かくしてもよかったかも。

バイアンプに対応

M-CR612は、最近流行り(?)のバイアンプに対応している。
たまたま、以前使っていたミニコンポ(パナソニック製)を処分する際、ブックシェルフ型2Wayスピーカーだけ取っておいたのだ(上記画像のシルバーになっているもの)。
安いミニコンポに付属していたものなので、正直、あまりよいものではないが、20年物なのでエージングはバッチリ。ついでに、ネットの汚れもバッチリ。

バイアンプでないと、2Wayスピーカーのツイーターとウーファーを並列に繋がなければならず、音的によくないらしい。音改善のために、ネットワークを付ける向きもある。

これによりウーハーの逆起電力(出力されずに戻ってくる電力)がツィーターに流れ込んでツィーターの音質に影響を及ぼすことがないため、より高音質な再生をお楽しみいただくことができます。

バイアンプ接続をする M-CR611 (marantz.com)

…と、マニュアルとメーカーサイト(前のモデルであるM-CR611のマニュアル)に書いてあった。ちなみに、ネットにあるM-CR612のマニュアルには「相互干渉」云々とサラッと書いてある。

実際に試してみると、あら不思議。音には鈍感のおいらでも、その違いがよく分かるのだ。
件のスピーカーもバイアンプで聞くと、そこそこよい音に聞こえるのだが、ツイッターとウーファーを並列に繋ぐと、途端に高域の音が出にくくなるようで、何だか糞詰まりな音に。
逆起電力云々の影響なんだろうか。2Wayスピーカーは、バイアンプかネットワークをつながないとよくないということで。

元々、M-CR612は、BTL出力らしく、パラレルBTLなる機能も存在する。通常、BTLはシングルのアンプと比べると倍の電圧になるのだが、パラレルBTLは、ダンピングファクター改善のために電力を稼ぐだけなので電圧自体は変わらない。出力を上げるためのものではないということ。
効果からして、電流容量に余裕のある電源回路に置き変えたのと匹敵する効果があるよう。
低域は、スピーカーをドライブさせるのにパワーが必要なので(スピーカーの口径が小さなブックシェルフ型は、頑張っても、低域がブーミーになったりして、良い感じに鳴りにくいものね)、電流が低いのに電圧を上げて見かけ上の電力を上げるよりも効果が高いのかな。

2Wayスピーカーを並列に繋いで、パラレルBTLを使ったとしても、通常状態と同様、高域が出にくくなるだけなので、フルレンジスピーカーの時にご利益があるのでは。
巷のレビューを見ると、どうやらそのようなので、パラレルBTLは全く試していない。
よさげな、フルレンジでも気まぐれで購入したら、効果を試してみたい。

結論

ラジオ機能も付いており、聞いてみる。元々ラジオの電波が入りにくい環境下なので、AM放送は当然聞けたものではないのだけれど、FMは屋根の上に八木アンテナが立っているため、埼玉南部から北方向にアンテナを向けると、茨城放送や栃木放送のFM補完(いわゆる、ワイドFM)放送ががクリアに聞こえる。
測定器で測ったわけではないけれど、感度はよい部類に入るのではないかと思われる(AM放送は聞けない環境なのでなんとも(ToT))。

CDやら光入力などテストできていない機能は、まだ色々あるけれど、M-CR612はコスパよく、必要充分な物だと思う。これをきっかけに、スピーカー沼に嵌らなければよいのだけれどという心配が。
おいらはラッキーにも手に入れられたクチなのだけれど、この機種に限らず、現在はショップで即納ではなく、「予約受付中」となっているケースが多い。ミニコンポ難民が増えそう…。