電動バイクが安くなる?

NO IMAGE

なんと!電動バイクが安くなる!?

ネット徘徊(巷では、ネットサーフィンという)していたら、電動バイクがお安くなるというお話があり、興味深く読んでいた。
最近は、一部ではあるが、電動の物が登場しているのだ。

電動バイクはガソリンバイクと同様に、公道を運転するためには運転免許が必要になります。
ガソリンバイクは排気量によって免許の区分が変わりますが、電動バイクには排気量という概念はなく、「定格出力」によって免許の区分が変わってきます。

バイクの電動化!電気バイクについて詳しく解説 (yes-i-do.co.jp)

へぇ、電気だから、kWってわけね。でも、実感が湧かないなぁ…。

あまり長距離には向かないというデメリットはあれど、自宅で充電できるし、下駄替わりにはいいかな。
とは言え、まだまだガソリン車と比べ、価格が高いのだ。それは、車も同じ。

どうしても、電動〇〇を普及させたいお国と一部自治体は、補助金を出してくれるのだ。

東京都の補助は特定バイクのみ

東京都の例を挙げると、

・都内に事務所または事業所を有する法人・個人事業主

・都内に「住民票」が取得できる住所を有する個人

・上記の者とリース契約を締結したリース事業者

クール・ネット東京 :東京都地球温暖化防止活動推進センター | 「電動バイクの普及促進事業」 (tokyo-co2down.jp)

なんだそうだ。そこまではいい。でも、

・初度登録日から申請受付日までの期間が1年以内であること

・都内に定置場または使用の本拠の位置を有すること

初度登録された日において、クリーンエネルギー自動車導入促進補助金交付規定の助成対象車種となっていること

※リストに無い車種は助成対象外です。

クール・ネット東京 :東京都地球温暖化防止活動推進センター | 「電動バイクの普及促進事業」 (tokyo-co2down.jp)

…となっている。

最近、中華なバイクが売られているようだけれど、中華なバイクは、対象外なので、助成は受けられないのだ(助成対象車種はコチラ)。

助成は得なのか?

助成金のパンフレットで例に上がっているものだと、236,000円の電動バイクだとガソリン車が130,000円で、106,000円の補助を受けると、ガソリン車と同じ価格で買えますみたいなことを謳っている。

価格からして、ヤマハのE-Vinoと思われるが、本当にそうなんだろうか検証してみた。比較対象は、ガソリン車の同じくヤマハVino(50cc)としてみる。
ヤマハVinoは、本体価格185,000円(税抜き)で、方や、E-Vinoは236,000円(税抜き)。値段の比較対象になった130,000円の車種は正直分からなかったが、補助金の分を差し引くと、130,000円になるので、お得と言える。
130,000円で買えるガソリン車の新車って、何なんだろう…。最近、バイク屋から縁遠いので分からないが、バイク屋によっては、価格があってないような物と言えるので、130,000円で新車が買えるのかしらん??

補助金の台数は決まっていないが…

よくよく見ると、東京都の補助金の対象に関しては、台数は決まっていない模様。そうなると、土地転がしならぬ、バイク転がしをして儲けようと考える人も当然出てくるだろう。
だが、流石に東京都も対策を考えていらっしゃる。

  • 補助金を受けたら、3年は売ることができないことになっているので、飽きたから売るというのも、3年経たなければできない。
  • 廃車する場合、必ず取得財産処分承認申請書を必要書類と共に提出しなければならないようになっている。しかも、3年以内の場合は、財産処分承認基準(平成 26 年4月1日付 26 都環公総地第6号)第3 2に定める方法により算出した額を公社に納付しなければならない。

悪いことはできないのだ。

しかし、悪いことをしなくても、事故にあって走行不能になってしまうケースだってあろう。その場合は、期間内は申請書は出さなければならないものの、助成金を返さなくてもよいことになっている。

悪い人間は、それならば…と思うだろうが、実行すれば、立派な詐欺罪になってしまうので、悪いことはしない方が。

繰り返しになるが、1人で何回も補助が受けられるものの、3年は処分できない。
処分するまで、何台も持つことになる。その分、税金も必要。原動機付自転車クラスだと、軽自動車税として、2,000円/台が必要。

また、3年前の物なので、ある程度動かさないと、逆に機械部分が故障する可能性がありうる。

一家で買うというのはありだけれど、何台も買って3年後に中古で転売というのは、リスクがあり旨味がないと言えそう。補助金の申請は、令和4年3月31日まで。都内で、電動バイクを買おうと思っている人には、チャンスかも。