Excelの数式を変えずにコピペしたい!

Excelの数式を変えずにコピペしたい!

Excelを使っていて、数式を変えずにコピペしたいと思う時がある。
例えば、複数のセルから同じ範囲を指定したい場合。1個だけ大元になる数式を入力し、他のセルにそのままコピーしようとすると、指定範囲がずれてしまうのだ。

例えば、大元のセルに「=SUM(A1:H1000)」と範囲を指定したとすると、どこかにコピペした場合、「=SUM(A2:H1001)」などのようになってしまうのだ。
SUM関数を複数個所から参照するのは、実用的ではないので、やる人は少ないと思うけれど、VLOOKUP関数を使うケースで複数セルから同じ範囲を指定するのが多いかな。

ググっていて、数式の先頭にある=を一旦、別の文字列に置換して、元通りに直すという方法が見つかった。

方法② =(イコール)を置換する

絶対参照をせずにセル参照の値をそのままコピペする | エクセル術 (excel-magic.com)

方法としては、下記の通り。

  1. CTRL+H(置換)して、数式の先頭にある「=」を「 =」(先頭に半角スペースを入れる)とか、=を別の文字(#でもなんでもいい)に置き換える。「=」と付くと数式と認識されてしまうからだ。
  2. 文字となった数式を任意の場所にコピペする。
  3. ペーストした物を選択して、再度CTRL+H。数式の先頭を元通り「=」に戻す。

この裏技は本当に便利。今までは、範囲が変わってしまった場合、変わってしまった範囲も手修正していたけれど、数が多いとミスすることがあるのだ。そうなると、どこがおかしいか確認する手間が増えてしまう。手修正を極力減らせば、ミスも減るので、大助かりだ。

まぁ、どう天地がひっくり返っても、Excelでもできないこともあるけれど、マクロを使って、DLLと連携すれば、更にできることがいっぱい。
ハードウェアの制御だってできる。とにかく、Excelは、奥が深いのだ。
そういうおいらも、時々マクロ職人をしてる。

脱Excelなんていう人も時々いるらしいけれど、使いこなせればExcelは簡単なツールだし、便利だもの。変な流行にとらわれず、無理にExcelをやめる必要はないんじゃない?