Apple WatchのSUICAを継続し損ねた

Apple WatchのSUICAを継続し損ねた

Apple Watchを買ってからというもの、色々使っている。
Bluetoothイヤホンをペアリングしているので、Amazon Musicから音楽が聴けるし(音の悪さはお愛嬌)、健康管理だけでなく、Apple Payも活用中!

iPhoneのMAPアプリでナビをしている場合、曲がり角の所で、Apple Watchもお知らせしてくれるし、やっぱ時代の最先端よね~♪とウキウキしている毎日。
が、しかし、あの日がついにやってきてしまったのだ…。

SUICAの期限が来たのに気づかず…

ある日、改札に引っ掛かってしまい、またかとApple Watchを確かめてみる。
バンドがぴったりだと、手首を曲げた時に痛いので、少々緩くしている。なので、時々、Apple Watchが外れていると誤検知されてしまい、ロックが掛かる。
そんな時に限って、改札で引っ掛かることがある。
それかと思ったのだが、Apple Watchを見るもロックが掛かっていない。

「何??」

タッチの仕方が悪かったのだろうと、人気のない改札でもう2~3度タッチするがダメ。
何が起こったのかさっぱり分からず、恐らく鳩が豆鉄砲を食らったような顔をしていたのかも知れない。

SUICAの状態を見て、定期の表示がなくなっていることに気づいたのが、5分後位。
ここで、定期の期限が切れていたことに気づいたのだ。

本当は数日前に期限切れだったのだが、たまたまチャージしてあったので、改札を難なく通ることができ、全く気付けなかった。スマホのSUICAもオートチャージ(1日につき2万円まで)ができるのだが、定期が切れていることに気づきにくいので、うっかりさんはオートチャージ設定はしない方がいいかも(チャージした金額で通れないようにする設定も可能)。

SUICA定期新規購入にはSUICAアプリが必要

Apple WatchでApple Payを使うには、クレジットカードの登録が必要なのは、Apple Watch+iPhoneユーザーならご存じなはず。
通常のSUICAは、多機能券売機かセブン銀行でもチャージすることが可能なのだが、Apple Payの場合は特殊で、決済するためWalletアプリにクレジットカードを1つ以上登録する必要があるのだ(Androidも方法は似ている)。
クレジットで決済できるお陰で、さくっとスマホやApple Watch上でチャージできるので、利便性がいい。

iPhoneやApple Watchに取り込んだSUICA定期に関しては、有効期限内であれば継続購入が可能。しかし、定期の有効期限が切れてしまうと、定期券のデータが消えてしまうようなので、新規購入する必要がある。
とは言え、駅名を入れるか入れないかの違いだけなので、然程面倒ではない。

ここで注意したいのが、有効期限内であれば、Walletアプリ上でも決済が可能なのだが(こちらのリンク参照)、SUICA定期を新規購入する(有効期限切れも含む)場合には、iPhoneにSUICAアプリのインストールが必須であることだ。SUICAアプリがあると、グリーン車や一部新幹線、おとくきっぷも購入可能なので、旅行や出張の多い人は入れていても損はない。
とは言え、おいらはそういうことを知らなかったので、はまってしまったのだ(WalletアプリにSUICAを取り込めば即使えてしまうので、SUICAアプリは全くインストールしていなかったのだ)。

あと、SUICAの区間変更を行う場合は、払い戻しと新規購入が必要だそう(こちらのリンク)。この場合も、SUICAアプリが必須となる。

実際SUICAアプリで定期を新規購入してみたが、大した手間は掛からず、ものの数分で完了してしまった。面倒臭そうかな…と思っていただけに、意外とスムーズにできたので結構拍子抜け。
ネットさえ繋がれば、どこにいてもできるし、毎度混み合う みどりの窓口に行く必要が全くないので、イライラすることもないのがいいね。