新しい三脚を購入してみた

新しい三脚を購入してみた

三脚を紛失してしまい急遽購入

久々に撮影しようと思ったら、三脚が見当たらない。どうしよう…。

某ショップへ行くも、それなりの三脚は結構な値段ではないか。10000円前後で購入できる物は、本当に貧弱な物しかない。
仕方なく、ネットで探してみると…。色々あるではないか。
なぜ、リアルショップは高いのだろう…などと、今更当たり前のことを思っても仕方あるまい。値段が高くても、リアルショップのいい所があるわけだし。

そんなこんなで見つけたのがコイツ。

小型で軽いスグレモノ

コイツは、ManfrottoなるメーカーのMKELES5RD-BHという真っ赤なボディがいかす逸品だ。撮影意欲を駆り立てられる。
何より、重量は、1.15kgと軽い。折り畳むと30cm位になり、専用バッグにスッポリ。

  

小型で軽いのがいい!

小型軽量なのに最大耐荷重は4kg!

しかも、最大耐荷重は、なんと4kgもある。おいらは、Canon EOS6Dにバッテリーパック、F2.8 80-200mmズームの組み合わせで使ってみた所、思いのほか頑丈だった(画像取り忘れた!!)。
今まで使っていた三脚が結構重かったことを考えると、コイツは持ち歩くのが苦でなくなった。

足は、ゴムがデフォルト。付属の金属の物に付け替えることができるので、野外も安心。

軽い三脚は、カメラが風にあおられて倒れる場合もある。重りを付けられるようフックが付いているのも嬉しい。

細かい角度にも対応

雲台の角度調整が細かくできるようになっている。

先程紹介したEOS6D+200mmズームは、流石に倒れてしまいそうだったが、手でサポートして使う分には問題ない。
動きのある被写体を追尾するのに使えそう。
軽いカメラなら、倒れる心配がないので、色々なアングルも思いのままだ。

水準器を2個搭載しているので、水平が取りやすい。

珍しく「お勧め!」と言える商品に巡り合えたと思う。