日本で見るBTSのYet to come in BUSAN顛末記

NO IMAGE

BTSのYet to come in BUSANを現地で見た人は満喫したのだろうと思うが、まだまだコロナ禍ということもあり、日本で見られないかと模索した人も結構いたはず。
BTSのファンではないが、気になっていたので、巷の様子を見てみた。

VPN勢は見られなかったかも??

VPNを使えば韓国のJTBCというテレビのサイトでBTSのYet to come in BUSANが無料で見られると書いたサイトがいくつかあった。
丁度、おいらもVPNを使っているので、試しにやってみた。

ところが、実際見てみると…。

この前に放送されていたプログラムは無料で見られたが、BTSの時間になると韓国語のメッセージが…。

iPhoneの翻訳機能で調べると、どうやら有料コンテンツであることが分かる。

とあるサイト(複数)では、VPNを使えばBTSのコンサートが無料で見られるなんてファンを煽っていたので、一部アーミー(BTSのファン)からお𠮟りを受けるのではないかな?? ちなみに、そのサイトにはVPNのアフィリエイトがしっかり貼ってあった。
確かにJTBCのサイトは、韓国国内でしか視聴できないので、VPNで繋がないと見られないが、コンテンツには無料だけでなく、有料の物もあるよう。その辺のチェックが足りなかったようで。

JTBCの有料コンテンツを視聴するには、チケットを購入しなくてはいけない。更にチケットを購入するためには、登録が必要。
今回の場合は、ライブだったので、オンエア専用3000ウオン(約310円)で見られたようだ。日本からチケットが購入できたかどうかは不明…。
まぁ、BTSだったら有料にすれば儲かるものね。(;^o^A
310円だったら、現地に行くことを考えれば、全然格安ではある(とは言っても、「日本で買えれば」だが)。

Weverseでは無料だったが…

ファンの間で人気の高いWeverseというアプリを使えば、何と!無料で今回のコンテンツが見られるのだ。恐らく、「わっはっは。Weverseを使っている特権じゃわい!」と思っていた方がいたかも知れない。

しかし、実際に始まってみると…。
回線が途中でパンクしていたのか、実際に見られたのは初めの方だけで、殆ど楽しめる状態になかったようだ。
この状況に、熱烈なアーミーは、きっと涙しただろう。

何やら、このWeverseなるアプリ、コメントを沢山書き込むと、映像が出てこなくなるらしく、その都度、他のユーザーから「コメント書かないで!」というコメントが書かれるという悪名高きサービスらしい。
コメントはしっかり見られていることから、コンテンツを見るためのサーバーがお粗末だったのかも知れない。
Weverse勢の皆様、ご愁傷様です…。

YouTubeで無料で見られた!?

何と!YouTubeで非公認ではあるが、リアルタイムで今回のコンテンツが流されていた。どうも、スクリーンを高い位置から撮影しているようで、もしかすると観客ではないのかも??
PCの画面が一瞬見えたので、この配信者は配信する気満々だったのだろう。

ステージではなく、スクリーン越しなので、不満はあるだろうが、途切れなかったようなので、満足した人が大勢いたのかも。

CS放送のTBS1でも放送されていたとのことなので、結論からすると、人気アーティストのライブを無料で見るのは難しいということで。