SL-C3000はUSB機器が使える(場合もある)

SL-C3000はUSB機器が使える(場合もある)

SL-C3000から本体にUSBのMINI-A 4ピンメス・コネクターが付いており、USB機器が使えるようになっています(メーカーのWEBでは使えないとなっていますが…)。USBホスト機能が付いているのです。メーカーでは、周辺機器が揃ってから、正式にアナウンスすると言っていたとする裏情報もありました。

そのままでは、コネクタが挿せず使えないのでZAURUSに合うコードを探した所、アーベルというメーカーでモバイル機器に使えるようなUSB変換ケーブル(A-Type 4ピンメス―mini-A 4ピンオス)AUMA02WHが見つかりました。

早速、USB機器を接続した結果は、下記の通りです。
・USBキーボード(メーカー不明 EZ goという品名らしい):挿せば一応使えるようにはなるけれど、一部文字がおかしい。他のキーボードならOKなのか?実験していないので分からない。

・USBメモリー(バッファローClipDrive512MB/pqi社製1GB):どちらも認識可能。ただし、マウントしてやる必要がある。マウントはLinuxの儀式だから仕方ないのかも…。自動認識できるシェルがどこかにあるらしい。

・USBマウス(メーカー不明):認識はしているが、使えない
↑使えてます。後ろの方で、USBマウスを接続する件解説しています。

他にも、無線LANや外付けHDD、FDD、DVDなどなどが動くというアナウンスがある。無線LANは、外国のWEBから配布されているソースをZAURUS用にコンパイルする必要があるとのこと。

まぁ、小型のノートPCも持っているから、ZAURUSでUSB接続できなくてもいいんですけどね。別に。  でも、USBメモリーが使えるのは嬉しい所ではあります。