SourceBoostの無償バージョンアップ終了?

NO IMAGE

PICの格安開発ツールであるSourceBoost。バージョンアップしても、ピカント(現SourceBoost6)のプロダクトコードが使えたので、常に最新版を使うことができていた。
バージョンアップする度に「金よこせ」というメーカーと違って、こういった古いユーザーを大切にする姿勢に好感を持っていた。

しかーし、バージョン7.01となった現在では、新しく製品版を買ってくださいとなってしまったのだ。
バージョン7.01にピカントのプロダクトコードを使っても、機能限定のLite版(無償)になってしまう。Lite版では、USBを使ったプログラムなんぞできないのだ。

仕方ないので、日本の販売元であるソリトンウェーブからバージョン6.96をダウンロードして使っている。
ちなみに、ソリトンウェーブでは、未だにバージョン6を発売しているので、バージョン7.01を購入するには直接SourceBoostから購入する必要がある。

今の所、バージョン6.96でも十分なので、そのまま使うつもり。MikroCやその他の開発ツールが2~3万円位することを考えると、USBの開発ができるフルバージョンですら1万円前後のSourceBoostは十分安く良心的ではあるのだけどね。