SP-590UZテレコンレンズアダプタ購入2

NO IMAGE

なんちゃって一眼レフことオリンパスSP-590UZを購入してからというもの、写真を撮るのに凝ってしまった。一時期、雑誌のライターをやっていた頃、銀塩一眼レフカメラを使っていたこともあったけれど、中々上達しないこともあって、しばらく遠のいてしまっていた。

その間、デジカメの走りであるカシオの物を購入したりして、その頃のデジカメは明らかに画質は良くなかったけれど、プリンターから写真が印刷できる手軽さがよくて、銀塩一眼レフカメラはバカバカしくさえ思ってきた。

そのうち、何台かデジカメを買い替えて、小型の物でもそれなりの写真が撮れるようになり、「これなら重い一眼なんていらないよな…」と思っていた。
でも、なんちゃって一眼レフを買ってからというものの、「あぁ、やっぱ一眼もいいものだな」そう思うようになった。
そう思うようになると、さぁ大変、ぢぶん。色々付けられそうなオプションがないか物色したりして…。物欲が止まらなくなってしまう。

というわけで、物欲の一環で入手したのが、テレコンレンズアダプタ。made in chinaでございます。こいつが分離できる優れものであるのは、いつぞやかブログで書いたけれど、その実例を紹介しようと思う。純正のテレコンアダプタを使って同様なことができるかどうかは持っていないので定かではない…。どなたか人柱頼みます。

スーパーマクロや望遠にしなければ、アダプタを短くして、各種フィルタやテレコンレンズ(いずれも58mm用)が付けられる。

dvc00016_1
pa300270
左上は、怪しいMASSA(日本製とあるが、MASSAはどうも中国製ではないかと思われる)の2倍テレコンレンズで、他はフィルタ各種(CPLフィルタ、クロスフィルタ(十字、8方向)。フィルタはバリバリの日本製。

?

?

?

?

?

で、その中のクロスフィルタ(8方向;ケンコーRサニークロス)で撮った写真がこちら。ボケ&フレアはお愛嬌ということで(^o^;)
pa300267_1
フィルタを使うと、こうなるのね。上の方の光は、月だけれど、この日はかなり月明かりが明るかった。SP-590UZの望遠+デジタルズームでクレータの撮影ができないかとやっていたけれど、かなり明るくなってしまい失敗。

?

?

で、フィルタを付ける際は、望遠やスーパーマクロを使わないように注意。でないと、中のレンズがフィルタにゴッツンコしてしまい、ズームエラーと表示される。あまりにひどくレンズをぶつけると、電源が切れてしまう(過負荷になるため電流が流れすぎるから?)。ゴッツンコさせすぎると、故障の原因となってしまうので、注意しなくちゃね。

続いて、望遠にした状態でMASSAのテレコンを付けるとこうなる。
dvc00017_1
んまぁ、大きさが一眼位になってしまうのね。結構大袈裟かも。(^o^;)

で、MASSAなるメーカーなのだけれど、ここのCPLフィルタを使うとボケるとかいう評判がある。CPLフィルタはレンズを2枚重ねているので、質の良し悪しで写りも決まってしまうから、こういったフィルタは高くても日本製の方がいいのかもね。

それと中国製(メーカー不明)のクロスフィルタを訳あり品で格安で売っているショップも発見したけれど、それは品質が悪くて中が一部曇っているもの。レンズが透明なので、問題ありませんなどととんでもないことを書いている始末。カメラ専門店ではないから仕方がないのかも知れませんがね。

何はともあれ、色々な写真が撮れるのは面白いし、幅を広げてくれるという意味でもこういったレンズアダプタが日本でも発売されるといいのにと思う。

今回使った、ケンコーRサニークロスは、日中日差しがキラピカリンと8方向に広がるような写真を撮る際に使用するらしいけれど、夜でも当然使用可能。
楽天市場では、ケンコー光学ショップ 楽天市場店で1764円、デジカメ本舗で1869円で売られている。
フィルタも意外と安いもんだね。これでお遊びできるのは、ボンビー(死語?)なおいらにとっては救世主的な存在だったりする。

追加情報、オリンパス純正テレコンTCON-17を付けるためのアダプタCLA-11は55mmに変換されるらしい。メーカーでは、ケラレを嫌ってフィルタを推奨していないとのこと。メーカーサイトより。