軽帯すいっちゃ公開中!

NO IMAGE

何気に作ったWindowsXP専用(?)作品です。構想・開発まで約1日 f(^o^;) やっぱ、いい開発ツールがあると、ちょっとしたものがサクサクできちゃいますね。

これは何をするものかというと、ノートPCをモバイルとホームで使っている人がネットの接続速度を適宜変更してサクサクとネット接続できるようにするためのツールです。これを使うと、レジストリのMTU/RWIN値を自動的に変更し、最適な状態に持っていけるというわけです。

プログラムが軽いので、「軽帯すいっちゃ」というわけ。A(^o^;)

使い方は、ラジオボタンから該当する回線を選択し、「選択」ボタンを押すだけ。後は「x」をクリックして、プログラムを終わりにしてください。それだけのことなので、あえてヘルプは作っていません(毎度のことか??)。

さて、MTU/RWIN値ですが、FOMA(902iシリーズで実験)・イーモバイル(D01NX)は、実験してを決めました。後はネットで流れている情報や携帯電話会社が配布しているツールなどを動作させて取得したデータを元に決めています。

しかし、実験してもっと最適な値があるかも知れないので、カスタムでMTU/RWIN値を変更できるようにしました。また、WindowsXPの初期状態に戻すことができるので(初期状態ではMTU/RWIN値を設定するキーはありません)、MTU/RWIN値の設定に失敗してもシステムに実害は及びません。

ただ、旧型のメモリーが少ないノートPCにWindowsXPのサービスパック2(SP2)を入れている人はご注意ください。メモリーが少ないPCでWindowsXP SP2を動かしていると、どうも動作が不安定になるのです。何が起こるか分かりませんので、念のためご注意ください。

WindowsXP SP2を安全に動かすのであれば、メモリーは最低でも512MBは欲しい所です(これは軽帯すいっちゃと関係のないことですが…)。

特にホームで使う場合、MTU/RWIN値を最適値にしても接続速度が改善されないケースもありえます。それは、ルーターのありなしや種類でも異なりますし、LAN接続の方法などなど諸条件によりスピードが改善されないためです。

また、時間帯によっては、回線が込んでいて、思ったよりスピードが出ないこともあります。ツールが悪いためではありません。くれぐれもご注意ください。

MTU/RWIN値をこうしたらもっとよくなったという情報がありましたら、どんどんトラックバックやコメントください。みなさんで情報を共有できることを期待しています。

只今、vectorで好評配布中!また、雑誌からも「軽帯すいっちゃ」を付録のDVDに収録したいとのオファーが来ております(感謝!)。詳細が分かり次第お知らせします。