USBしてまするぅ~

NO IMAGE

秋月電子から発売されている18F2550のモジュールを使っているけれど、まだまだUSBマイコンの敷居が高いなぁと思う次第。
というのも、簡単にできる方法ってのが中々なく、マイクロチップで配布されているフレームワークとやらに入っているサンプルプログラムを雛形にしていじる手法がマニュアル本で多い。
しかしながら、よくよく見て見ると、代表的な(?)何種類かのマイコンに対応させるため、プログラムが複雑怪奇になっていることが分かった。

そんな中で、CDCは見本が多いので、少し頑張れば比較的簡単にできるのだが、USBキーボードなどは意外とサンプルが少ない。
秋月電子の物と類似の18F2550モジュールを発売している某社のサイトで18F2550用のキーボードプログラムのサンプルが配布されており、試しに使わせてもらったのだが、秋月モジュールでは動かなかった。
なぜか、認識するはずのHIDキーボードとして認識しないのだ。
うーん、よく分からん。ブートローダーが入っているらしいので、その辺で何か仕掛けをしてあるのかな。うーーーーーーん。

仕方なく、マイクロチップのフレームワークに入っているキーボードのサンプルプログラムを18F2550用に編集し、色々試行錯誤行っていたら、ようやっとUSBキーボードができた!
(サンプルプログラムは、18F4550に対応しているようなので、18F4550のモジュールだったら、あまりいじらずにさくっとできたのかも…。)

この時思ったのが、実に無駄な箇所が多いので、サンプルプログラムを使ってプログラミングするのにはかなりの労力がいるということ。
おいらが何度も挫折をした原因がこれにあるのだ。

ある程度はサンプルプログラムオリジナルのままでいいのだろうけれど、一部の箇所は、使用するマイコン用に変更しなくてはいけない。
同じPICでも16F84Aが爆発的にヒットしたのは、分かり易いからなのだけれど、USBはまだまだ敷居が高く、おいらのような素人さんには受けないのだろうなぁ…。

ただ、ようやっと一山を越えたので、嬉しい所ではある。
もう少し、プログラム中の不要な部分をざっくり切り刻んで、分かりやすくしてからプログラムの働きを勉強してみましょうかね。
18F2550・18F4450秋月モジュール専用雛形なんて作ったら便利かも知れないね。